プレミアリーグニュース&コラム

イングランドサッカー、プレミアリーグの試合や話題について独自コラムやニュースを配信

マンチェスターシティ

監督:マヌエル・ペジェグリーニ
本拠地:マンチェスター
創設年:1880年
スタジアム:エティハド・スタジアム
収容人数:約48,000名
愛称:City、Citizens、Blues
チームカラー:水色
応援歌:Blue Moon

近年の動向

2009年12月、マーク・ヒューズ監督の解任に伴い、ロベルト・マンチーニ氏を監督に迎え新体制を整える。翌2010‐11シーズンはプレミアリーグを3位で着地しチャンピオンズ・リーグの出場権を初めて獲得するとともに、FAカップでは決勝戦でストーク・シティに1-0で勝利し、1969年以来42年ぶりの優勝を果たした。
11-12シーズンにはプレミアリーグ最終節をライバルのマンチェスター・ユナイテッドと同勝点で迎え、ホームでの最終節QPR戦に勝利すれば得失点差で優勝出来る状況となった。しかし、この試合は90分経過時点でQPRに1-2と1点ビハインドで迎え、追加タイム5分を残すのみとなる。同時刻でキックオフしていたマンチェスター・ユナイテッドが勝利を収めていたため、優勝には追加タイム5分で2点を取って逆転勝利が必要な状況に追い込まれる。しかし、91分にコーナーキックからジェコが同点ゴール、さらに94分にはアグエロが右足を振り抜いて見事に大逆転ゴールを決めて勝利、44年ぶりのリーグ優勝を果たした。しかし、翌12-13シーズンはマンチーニ監督とナスリやジェコなどの選手との間に確執が報道されるなどチーム状況は悪化、リーグ戦はマンチェスター・ユナイテッドに次ぐ勝ち点差11の2位で終わり、FAカップでも決勝戦でウィガンに敗れて準優勝になるなど、無冠に終わる。これに伴いマンチーニ監督はシーズン終了を待たずして解任となる。
2013年6月、チリ人のマヌエル・ペジェグリーニ氏が監督に就任し、チーム状況は徐々に改善する。リーグ戦では5試合を残して自力優勝が消滅するも、首位リバプールがホームでチェルシーに敗れて続くパレス戦に引き分けると、3試合を残して自力優勝が復活。アウェイでのエバートン戦を含めて残り3試合に全勝し、またもや大逆転で2年ぶりの優勝を果たす。チャンピオンズ・リーグでは初の決勝トーナメント進出を果たすも、バルセロナに敗れてベスト16で敗退。しかし、リーグカップも制し2冠を達成した。
14年夏の移籍市場ではレスコットやバリーなどベテランを放出する一方、フェルナンドやマンガラなど守備的選手を補強して課題のディフェンス力を強化した。

スポンサーリンク

選手一覧

FW
アグエロエディン・ジェコヨベティッチ
MF
ダビド・シルバヤヤ・トゥーレヘスス・ナバス
サミル・ナスリジェイムズ・ミルナーフェルナンジーニョ
フェルナンドランパード
DF
ヴァンサン・コンパニパブロ・サバレタコラロフ
ガエル・クリシーマンガラデミチェリス
バカリ・サニャボヤタナスタシッチ
GK
ジョー・ハートカバジェロ

近年の成績

 
プレミアリーグ
チャンピオンズ・リーグ
FAカップ
リーグカップ
2014-154回戦敗退
(ベスト16)
2013-14優勝!ベスト16ベスト8優勝!
2012-132位グループステージ敗退準優勝3回戦敗退
(ベスト32)
2011-12優勝!グループステージ敗退
(初出場)
3回戦敗退
(ベスト64)
準優勝
2010-113位出場権なし優勝!3回戦敗退
(ベスト32)