プレミアリーグニュース&コラム

イングランドサッカー、プレミアリーグの試合や話題について独自コラムやニュースを配信

トッテナム・ホットスパー

監督:マウリシオ・ポチェッティーノ
本拠地:ロンドン
創設年:1882年
スタジアム:ホワイトハート・レーン
収容人数:約36,000名
愛称:スパーズ
チームカラー:白地に紺

近年の動向

2009-10シーズンはハリー・レドナップ監督指揮下でプレミアリーグを4位で着地、初めてチャンピオンズ・リーグ出場権を獲得する。翌10-11シーズンはチャンピオンズ・リーグでベスト8進出の躍進を果たすも、リーグ戦は5位での着地となる。
11-12シーズンは再びリーグ4位で着地するも、リーグ6位で着地したチェルシーのCL優勝を受けてチャンピオンズ・リーグ出場権獲得を逃すことになった。
12年夏にレドナップ監督が退任、アンドレ・ビラス・ボアス氏が監督に就任し、モドリッチをレアル・マドリードに放出する一方、ロリスやデンベレを獲得、アデバヨールも完全移籍で獲得したが、リーグは5位での着地となった。
13-14シーズンは夏の移籍市場でチームのエース・ストライカー、ギャレス・ベイルをレアル・マドリードに推定移籍金約120億円で放出。その一方で、パウリーニョ、エリクセン、ソルダード、シャドリ、ラメラ、キャプエ、キリケシュなど有力選手を大量に補強した。しかし、リーグ戦では調子が上がらず、12月にホームでリバプールに0-5と大敗すると、翌日にビラス・ボアス監督が解任となる。後任監督にティム・シャーウッド氏が就任すると、出場機会の無かったアデバヨールをレギュラーFWで起用する。これが当たり、チームは5位まで浮上するも、最終的には6位で着地。シャーウッド氏もシーズン終了後に解任され、後任にはサウサンプトンを躍進させたポチェッティーノ氏を新監督に迎えた。
14年夏の移籍市場では必要最小限の補強に留め、昨シーズンに獲得した選手の活用を中心に新体制で再出発している。

スポンサーリンク

選手一覧

FW
アデバヨールソルダードハリー・ケイン
MF
エリクセンラメラパウリーニョ
シャドリレノンデンベレ
タウンゼンベンタレブキャプエ
メイソンスタンブリ
DF
カブールベルトンゲンローズ
ウォーカーキリケシュエリック・ダイアー
ノートンベン・デイビスファツィオ
GK
ウーゴ・ロリスミケル・フォルムブラッド・フリーデル

近年の成績

 
プレミアリーグ
チャンピオンズ・リーグ
FAカップ
リーグカップ
2013-146位出場権なし3回戦敗退
(ベスト64)
ベスト8
2012-135位出場権なし4回戦敗退
(ベスト32)
4回戦敗退
(ベスト16)
2011-124位出場権なしベスト43回戦敗退
(ベスト32)
2010-115位ベスト84回戦敗退
(ベスト32)
3回戦敗退
(ベスト32)