プレミアリーグニュース&コラム

イングランドサッカー、プレミアリーグの試合や話題について独自コラムやニュースを配信

チェルシーが5-0でスウォンジーを粉砕して首位キープ! スウォンジーはミス連発と守備崩壊で負のスパイラルに陥る

プレミアリーグ第22節、首位チェルシーはアウェイでスウォンジーと対戦しました。

シグルドゥソンがバックパスをミス! オスカルが決めてチェルシー先制

試合開始早々の1分、スウォンジーは自陣でシグルドゥソンがバックパスをミスすると、これがオスカルに渡ってしまいます。オスカルがそのままシュートを放つと、これが決まってゴール。早くもチェルシーが先制に成功します。

2分、スウォンジーはミスを冒したシグルドゥソンがミドルシュートを放つと、ボールはゴールポストの左角に直撃して惜しくもゴールならず。

スウォンジーの守備陣がジエゴ・コスタをフリーに! コスタが決めて2-0

20分、チェルシーはセスクを起点にウィリアン、オスカルとリズム良くつないでオスカルからセスクがパスをもらうと、スウォンジーのディフェンスは全員がセスクに近寄っていき、エリア内のジエゴ・コスタをフリーにしてしまいます。すると、セスクがジエゴ・コスタにパスを通し、コスタのシュートが決まってゴール。チェルシーが2-0と早くも2点差にリードを広げます。

32分、スウォンジーはラウトリッジが足を負傷してエムネスと交代となります。

フェルナンデスが愚かなバックパス! ジエゴ・コスタが決めて3-0

34分、スウォンジーは自陣右サイドでフェルナンデスが中途半端なバックパスをすると、これがジエゴ・コスタに奪われてしまいます。ジエゴ・コスタがシュートを蹴り込むと、これが決まって3-0。スウォンジーは守備陣のミスを全く修正出来ずにチェルシーに得点を献上し続けます。

オスカルのシュートをウィリアムズがよけてゴールイン! チェルシー4-0

さらに36分、チェルシーはウィリアンが敵陣に持ち込んで右サイドのジエゴ・コスタにパスを出すと、コスタが中央へ折り返してこれをオスカルがシュート。スウォンジーはこのシュートに対してウィリアムズが体をよけると、ゴールイン。スウォンジーのディフェンス崩壊によって4-0と大きく点差が広がります。

スウォンジーはバックパスのミスから2失点、さらにいい加減なディフェンスから2失点と前半だけで4点を献上、チェルシーが4-0とリードして前半を折り返します。

スポンサーリンク

66分、スウォンジーはオリベイラに替えてフルトンを投入します。

スウォンジーはボールを持っても怖気づいてしまい、直ぐにバックパス。自ら積極的に攻撃を仕掛けて得点したいという気概が見えず、最もやってはいけない対応で状況はより劣勢に陥っていきます。

74分、チェルシーはセスクを下げてラミレスを、ジエゴ・コスタを下げてレミーを投入します。一方のスウォンジーも75分、攻撃の意思を欠くダイアーを下げてバローを投入します。

76分、チェルシーはウィリアンも下げてシュールレを投入、主力を温存します。

イバノビッチのクロスにシュールレがゴール! チェルシー5-0

79分、チェルシーは右サイドでアザールがドリブルで持ち込んでゴール前にパスを出すと、これに走り込んだイバノビッチが折り返したところをシュールレが押し込んでゴール。チェルシーが5-0とさらにリードを広げます。

その後もスウォンジーは全く委縮した状況から抜け出せずに、自ら自分の首を絞めて試合終了。

チェルシーがアウェイで5-0と大きな勝利を手にし、ガッチリと首位キープに成功しています。

<チェルシー>
FW:ジエゴ・コスタ(74分:レミー)
MF:アザール
MF:ウィリアン(76分:シュールレ)
MF:オスカル
MF:セスク(74分:ラミレス)
MF:マティッチ
DF:イバノビッチ
DF:ケーヒル
DF:テリー
DF:フィリペ・ルイス
GK:チェフ

<スウォンジー>
FW:ゴミス
MF:ダイアー(75分:バロー)
MF:ラウトリッジ(32分:エムネス)
MF:シグルドゥソン
MF:オリベイラ(66分:フルトン)
MF:キャロル
DF:テイラー
DF:ウィリアムズ
DF:フェルナンデス
DF:ティエンデッリ
GK:ファビアンスキ

コメントを残す