プレミアリーグニュース&コラム

イングランドサッカー、プレミアリーグの試合や話題について独自コラムやニュースを配信

追加タイム97分にシュクルテル弾! 低迷続く11位リバプールがアーセナルとの対戦を土壇場で2-2の同点に持ち込み、連敗回避

プレミアリーグ第17節、11位と低迷を続けるリバプールはホームに6位アーセナルを迎えました。

リバプール、この試合でも3バックで挑み、キーパーもジョーンズ

リバプールはサコー、シュクルテル、コロ・トゥーレの3人で前節に続いて3バックを敷き、ゴール・キーパーも続けてブラッドリー・ジョーンズとし、スターリングがワントップ、左にマルコビッチ、右にララーナ、トップ下にコウチーニョという陣形で挑みます。

試合開始とともに、ホームのリバプールがボールを支配して優勢に攻撃を仕掛けます。ボール支配率の高さからもリバプールがゲームを支配しているように見えるものの、アーセナルは堅実なディフェンスでリバプールの攻撃を防ぎ続けると、リバプールはチャンス・メイクの割りには得点に結びつかない、今シーズンの負のイメージが漂います。

35分、リバプールはジェラードのワンタッチパスがアーセナル・ディフェンスに当たってボールがマルコビッチにつながると、抜け出したマルコビッチがシュート。しかし、これはスチェズニーが防ぎます。

コウチーニョのミドルシュートでリバプールが先制!

45分、リバプールは敵陣でアーセナルのパスをヘンダーソンが奪うと、エリア手前のコウチーニョにパス。コウチーニョはディフェンスを右にかわしてシュート・コースを作ると、右足を振り抜きます。すると、ボールは左ゴールポストに当たってゴールイン。リバプールが前半のうちに先制点を獲得することに成功します。

ドゥビュッシーのヘッドでアーセナルがすぐに同点! 1-1

しかし、前半追加タイムの47分、アーセナルはエリア手前右側からフリーキックを蹴り込むと、ディフェンスが弾いたボールをフラミニがヘッドで弾いて最後はドゥビュッシーがヘッドで押し込んでゴール。アーセナルがすぐさま同点に追い付き、リバプールのリードはつかの間のうちに消え去ります。

結局、前半は1-1と同点で折り返します。

スポンサーリンク

ボール保持の割りに得点になかなか結び付かないリバプールに対して、アーセナルは落ち着いてボールを奪うと、虎視眈々とリバプール・ディフェンスの隙を狙い続けます。

カソルラの折り返しをジルーがゴール! アーセナルが2-1と逆転

すると64分、アーセナルは左サイドからギブスがドリブルで持ち上がって中央のジルーにパスを入れると、ジルーがダイレクトで左サイドのスペースに出します。これをカソルラがエリア内の深い位置で折り返すと、これをジルーが蹴り込んでゴール。少ないチャンスを確実にものにして、アーセナルが2-1と逆転に成功します。

リードを許したリバプールはその後もせわしなく攻撃を続けるものの、アーセナルの守備陣が高いディフェンス力を発揮してリバプールに決定機を作らせません。

74分、リバプールはマルコビッチに代えてボリーニを投入し、FW陣を強化して反撃を狙います。

75分、リバプールはアーセナル陣内に攻め込むと、右サイドのヘンダーソンが中央へパスを出します。走り込んだルーカスがこのボールをキープしてシュート。しかし、惜しくもボールはゴール左に外れます。

リバプールは続けてアーセナル陣内に攻め込み、エリア手前でボールを持つものの、最後の一手がなく、決定機を作れません。

81分、リバプールはコロ・トゥーレを下げてランバートを投入、FW陣を増強し得点を狙います。

ボリーニのヘッドはスチェズニーが弾き出す!

86分、リバプールは左サイドからスターリングがクロスを上げると、これにボリーニがヘッドで合わせてシュート。しかし、これはスチェズニーが弾き出して好セーブ。リバプールはあと一歩が遠い状況が続きます。

89分、リバプールはボリーニがスライディングでボールをカットしてボールがラインを割ると、アーセナル・ボールとの判定となったことに腹を立ててボリーニがボールを叩きつけます。すると、ボリーニに対してイエロー・カードが提示されます。

90分を経過して追加タイムは何と9分、シュクルテルが頭部を負傷していた治療時間があり、まとまった追加タイムを得たリバプールはゴールを狙います。

ボリーニが退場! リバプール10人に

しかし92分、リバプールはボリーニがカソルラに対して足を高く振り上げると、これが2枚目のイエロー。ボリーニは僅か3分間で2枚のイエローを受けて退場、リバプールは10人となってしまいます。

しかし、10人となったリバプールはアーセナル陣内に攻撃を続け、チャンスを作り続けます。

リバプール、シュクルテルのヘッドで同点! 2-2

すると追加タイムの97分、リバプールは右サイドのコーナーキックをララーナが蹴り込むと、これに走り込んだシュクルテルがヘッドで合わせます。すると、ボールは見事にゴール右に飛び込み、リバプールが土壇場で同点に追い付きます。

結局、試合はこのまま終了。
不調が続くリバプールが何とかアーセナルとの対戦を2-2の引き分けに持ち込み、連敗を免れて10位と再びトップ10浮上に成功しました。

<リバプール>
FW:スターリング
MW:ララーナ
MF:コウチーニョ
MF:マルコビッチ(74分:ボリーニ)
MF:ヘンダーソン
MF:ジェラード
MF:ルーカス
DF:サコー
DF:シュクルテル
DF:コロ・トゥーレ(81分:ランバート)
GK:ブラッドリー・ジョーンズ

<アーセナル>
FW:ジルー(82分:コクラン)
FW:アレクシス・サンチェス(89分:モンレアル)
FW:ウェルベック
MF:チェンバレン(89分:キャンベル)
MF:カソルラ
MF:フラミニ
DF:ギブス
DF:メルテザッカー
DF:ドゥビュッシー
DF:チェンバース
GK:スチェズニー

コメントを残す