プレミアリーグニュース&コラム

イングランドサッカー、プレミアリーグの試合や話題について独自コラムやニュースを配信

首位シティ、エバートンと1-1のドローで2位転落! 先制するもディフェンス締まらず、またも同点に

プレミアリーグ第21節、チェルシーと同率首位のマンチェスターシティはアウェイで13位と低迷しているエバートンと対戦しました。

シティ、アフリカ・ネイションズ・カップでヤヤ・トゥーレ欠く

マンチェスターシティはアグエロとコンパニが負傷から復帰してベンチ入りし、キーパーはジョー・ハートがスタメンに戻り、マンガラ、デミチェリスのセンターバックにサバレタ、クリシーのサイド・バックという守備陣、中盤はヤヤ・トゥーレがアフリカ・ネイションズ・カップでチームを離れているため、フェルナンド、フェルナンジーニョがボランチ、シルバがトップ下に入り、ナスリ、ヘスス・ナバスのウィング、ワントップにヨベティッチという布陣で挑みます。

マンチェスターシティ、決定機もヘスス・ナバスのシュートは枠を捉えられず!

14分、シティはエバートン陣内でジャギエルカがコントロール・ミスしたボールをシルバが奪って右でフリーとなったヘスス・ナバスにパスをつなぐと、ナバスがシュート。しかし、ボールはゴール左に外れてシティは絶好のチャンスを逃します。

その後もマンチェスターシティがボールをキープして優位に試合を進めます。

ルカクのシュートをジョー・ハートが好セーブ!

43分、エバートンはコールマンのスルーパスがルカクにつながり、シティはマンガラがマークに付くも、ルカクが振り切ってシュートを放ちます。しかし、ここはジョー・ハートが体を張ってボールを弾き出すと、このボールをコールマンがシュートを放つも、クロスバーに弾かれてゴールならず。

結局、前半は両チーム得点なく0-0で折り返します。

スポンサーリンク

58分、エバートンは左サイドからルカクが抜け出してゴール前に切り込んでシュート。しかし、これもジョー・ハートが左手で触ってゴール外へ弾き出す好セーブを見せます。

マンチェスターシティ、アグエロが負傷から復帰

67分、シティはヨベティッチに代えて怪我からの復帰戦となるアグエロを投入します。

カウンターからフェルナンジーニョがヘッドで押し込んでゴール! シティ先制

74分、マンチェスターシティは自陣でサバレタがスライディングでルカクからボールを奪うと、フェルナンジーニョにつないでカウンターを仕掛けます。フェルナンジーニョは右サイドのヘスス・ナバスにつなぎ、ナバスからボールを受けたナスリがマイナスに折り返すと、これをシルバがシュート。エバートン・ディフェンスがこのボールを弾くも、フェルナンジーニョがヘッドで押し込むと、見事ゴールラインを割ってシティが先制に成功します。

77分、エバートンはマクギーディーに代えてミララスを投入します。

エバートン、フリーキックからネイスミスのゴールで同点に追いつく! 1-1

78分、エバートンは左サイドでフリーキックのチャンスを得ると、これをベインズが蹴り込みます。すると、これにネイスミスがヘッドで合わせてゴール。シティはここ2試合のリーグ戦と同様、またもすぐに同点に追い付かれます。

82分、シティはフェルナンジーニョに代えてランパードを投入します。

しかし、シティは決定機を作れず、試合はこのまま1-1の引き分けで終了。

チェルシーがニューカッスルに勝利したため、シティは再び2位となって、勝ち切れないプレーが厳しい結果につながりました。

一方のエバートンは4連敗とどん底の状況からひとまず勝ち点1の獲得に成功、今後の復調のきっかけとしたいところです。

<マンチェスターシティ>
FW:ヨベティッチ(67分:アグエロ)
MF:ヘスス・ナバス
MF:ナスリ(92分:コラロフ)
MF:シルバ
MF:フェルナンジーニョ(82分:ランパード)
MF:フェルナンド
DF:クリシー
DF:マンガラ
DF:デミチェリス
DF:サバレタ
GK:ジョー・ハート

<エバートン>
FW:ルカク
FW:ネイスミス
MF:バークリー
MF:マクギーディー(77分:ミララス)
MF:バリー
MF:ベシッチ
DF:ベインズ
DF:ジェギエルカ
DF:ストーンズ
DF:コールマン
GK:ロブレス

コメントを残す