プレミアリーグニュース&コラム

イングランドサッカー、プレミアリーグの試合や話題について独自コラムやニュースを配信

チェルシーがニューカッスル下して単独首位返り咲き! コーナーキックの素早いリスタートから先制点さらう

プレミアリーグ第21節、マンチェスターシティと同率首位のチェルシーはホームにニューカッスルを迎えました。

ニューカッスルはアラン・パーデュー監督がチームを去ってクリスタル・パレスの新監督に就任、ジョン・カーバー助監督が暫定的にチームを率いてチェルシーに挑みます。

試合はアウェイのニューカッスルがリズムよくチェルシー陣内に攻撃を仕掛けます。

ニューカッスル、カベラがチェルシー陣内に攻め込み鋭い攻撃を見せる!

19分、ニューカッスルは左サイドからカベラがドリブルで持ち込んでエリア内でシュート、しかし、これはテリーが足に当てて何とか枠外へ弾き出します。

32分、ニューカッスルは敵陣でボールをカットすると、カベラにつないでカベラはドリブルでエリア手前まで持ち込むと、テリーを左にかわして左足でシュート。ボールは枠を捉えるものの、チェフが弾き出してゴールなりません。

さらに36分、ニューカッスルはシソコが敵陣右サイドでボールを受けるとテリーを右にかわして右足でシュート。ボールはゴール・ポストの角に直撃して弾かれ惜しくもゴールならず。

37分、チェルシーはアスピリクエタが負傷してフィリペ・ルイスと交代となります。

素早いショート・コーナーからオスカルのゴールでチェルシーが先制!

43分、チェルシーは右サイドのコーナーキックのチャンスを得ると、ウィリアンがすぐさまショート・コーナーでリスタート。これをイバノビッチがゴール前に流し込むと、オスカルが蹴り込んでゴール。チェルシーが一瞬の隙を突いて先制に成功します。

結局、前半はチェルシーが1-0とリードして折り返します。

スポンサーリンク

後半に入ると、リードと奪ったチェルシーがボールをキープしてニューカッスル陣内に攻め込み、ペースを握ります。

オスカルのアシストにジエゴ・コスタがゴール! チェルシー2-0

すると59分、チェルシーはエリア手前やや左の位置からアザールがループパスを入れると、これをエリア内でオスカルがヒールで落としてジエゴ・コスタがボールをキープ。コスタはディフェンスの位置を見て狙いすましてシュートを放つと、これが決まってゴール。チェルシーが2-0と追加点を獲得します。

追加点を獲得したチェルシーは益々ホームで勢いを増し、ニューカッスルは攻撃のチャンスをなかなか掴めません。

63分、ニューカッスルはグフランに代えてアメオビを投入します。

しかし、その後もチェルシーのペースで試合は進み、78分、チェルシーはオスカルを下げてラミレスを投入します。

チェルシーは84分にはジエゴ・コスタを下げてレミーを投入します。

2点リードを許しているニューカッスルは84分になってようやく、シソコに代えてリビエールを投入し、2枚目の攻撃カードを切ります。

しかし、ニューカッスルはその後も決定機を作れずに、結局、試合はこのまま終了。
チェルシーがホームでニューカッスルを2-0で下してリーグ戦3試合ぶりに勝利、同率首位のマンチェスターシティがエバートンと引き分けたため、再び単独首位に返り咲いています。

<チェルシー>
FW:ジエゴ・コスタ(84分:レミー)
FW:アザール
MF:ウィリアン
MF:オスカル(78分:ラミレス)
MF:セスク
MF:マティッチ
DF:イバノビッチ
DF:ズマ
DF:テリー
DF:アスピリクエタ(37分:フィリペ・ルイス)
GK:チェフ

<ニューカッスル>
FW:ペレス
FW:シソコ(84分:リビエール)
MF:グフラン(63分:アメオビ)
MF:カベラ
MF:コルバック
MF:アニータ
DF:ダメット
DF:コロッチーニ
DF:ウィリアムソン
DF:ヤンマート
GK:クルル

コメントを残す