プレミアリーグニュース&コラム

イングランドサッカー、プレミアリーグの試合や話題について独自コラムやニュースを配信

2013-14シーズン総括

【8月】
・ゴールライン・テクノロジーが導入される
・開幕戦でニューカッスルのスティーブン・テイラーがシティFWアグエロの後頭部にラリアットをかまし一発レッドで退場
・アーセナルが開幕戦でアストンビラにホームで敗れる
・夏の移籍期限最終日にアーセナルがレアル・マドリードからメスト・エジルを獲得
・第3節終了時点でリバプールが首位、チェルシーが2位に

【9月】
・開幕5試合でわずか勝ち点1のサンダーランドがディカーニオ監督を解任
・マンUがマンチェスター・ダービに続き、ホームでウェストブロムに敗れ2連敗
・9月だけでアーセナルのラムジーが4ゴール
・第6節終了時点でアーセナルが首位、マンチェスター・ユナイテッドは12位に

【10月】
・プレミアデビュー間もない18歳のマンUMFヤヌザイがサンダーランド戦で2得点の活躍
・マンチェスターシティが唯一無敗を守っていたエバートンに土をつける
・サンダーランドの新監督にグスタボ・ポジェ氏が就任
・フルアムに1-4で敗れたクリスタル・パレスのイアン・フォロウェイ監督が「もう疲れた」と言って辞任
・第9節でアーセナルが首位、チェルシー2位、リバプール3位、最下位はクリスタル・パレス

【11月】
・ストークのGKベゴビッチのゴールキックがそのままサウサンプトン・ゴールへ入る
・マンUがファン・ペルシーの古巣相手のゴールでアーセナルに勝利
・クリスタル・パレスにトニー・ピューリス新監督が就任、これまでチームを一度も降格させたことがない監督
・第13節終了時点で、首位アーセナル、2位チェルシー、3位マンチェスターシティ

【12月】
・マンチェスター・ユナイテッドがホームでエバートンに敗れる
・マンUがニューカッスルに41年ぶりにオールドトラドードで敗れる、ホーム2連敗
・ウェストブロムのスティーブ・クラーク監督が解任、キース・ダウニング氏が暫定監督に就任
・トッテナムがホームで5-0でリバプールに敗れ、直後にビラス・ボアス監督が解任、ティム・シャーウド氏が暫定監督に就任
・クリスマス前にリバプールが首位に
・ホームでのサウサンプトン戦に敗れたカーディフのマーキー・マッケイ監督が解任
・首位アーセナル、2位シティ、3位チェルシー、4位リバプールで年内を折り返す

スポンサーリンク

【1月】
・カーディフに元マンUのスールシャール新監督が就任
・ウェストブロム新監督にペペ・メル氏が就任
・マンUがクラブ史上最高額の約63億円でチェルシーからファン・マタを獲得
・首位シティ、2位アーセナル、3位チェルシー、4位リバプールで1月を折り返す

【2月】
・スウォンジーがアストンビラに敗戦後、ミカエル・ラウドルップ監督を解任
・カーディフFWクレイグ・ベラミーがスウォンジー戦でデ・グズマンに“グー・パンチダッシュ”、その場でカードは出ずに免れるも後に暴力行為で3試合出場停止処分
・フルアムがミューレンスティーン監督を解任、新監督にフェリックス・マガト氏が就任
・チェルシー・モウリーニョ監督とアーセナルのベンゲル監督との間で舌戦が過熱
モウリーニョ監督の「我々は優勝候補ではない」との発言にベンゲル監督が「それは失敗を恐れているからではないか」と発言、これに対しモウリーニョ監督は「彼の言うとおりかもしれないな、彼は失敗のスペシャリストだ、彼は8年間もタイトルをとっていないからね」と皮肉で返す
・第27節終了時点で首位チェルシー、2位アーセナル、3位シティ、4位リバプール

【3月】
・ニューカッスルのアラン・パーデュー監督が相手選手に“頭突き”、罰金1,700万円
・チェルシーがアウェイでアストンビラに敗れる、ウィリアン、ラミレスが退場
・ベンゲル監督の通算1,000試合目となる試合でアーセナルがチェルシーに0-6と大敗、この試合でスタンフォード・ブリッジのチェルシー・ファンは「specialist in failure(失敗のスペシャリスト)」のチャントをベンゲル監督に浴びせる、同試合でアンドレマリナー主審の誤審により別人のギブスが一発レッドで退場
・マンチェスターシティMFヤヤ・トゥーレがフルアム戦でハットトリック達成
・リバプールFWスアレスがカーディフ戦でハットトリック達成
・マンチェスターシティがダービー制し、ユナイテッドにシーズン“ダブル”
・第32節終了時点でトッテナムに勝利したリバプールが首位に、チェルシーはアウェイでクリスタル・パレスに敗れて2位、アーセナルと引き分けたシティが3位、4位アーセナル

【4月】
・ノリッチが残り5試合でクリス・ヒュートン監督を解任、ニール・アダムス氏が新監督に就任
・リバプールがマンチェスターシティに勝利し10連勝で首位キープ、一方のシティは自力優勝が消滅
・最下位サンダーランドがアウェイでマンチェスターシティに引き分け、勝ち点1獲得で残留に望みつなぐ
・残り5試合で最下位のサンダーランドがアウェイでチェルシーに2-1の逆転勝利、モウリーニョ・チェルシーのリーグ戦ホーム77連勝を初めて止める歴史的快挙
・マンUがモイーズ監督を解任、ライアン・ギグスが選手兼暫定監督に就任
・リバプールがホームでチェルシーに0-2と敗戦、ジェラードがスリップしデンバ・バに先制ゴール決められる
・マンチェスターシティがクリスタル・パレスに勝利し、自力優勝の可能性が復活
・“頭突き”処分明けでパーデュー監督がベンチ入りのニューカッスルが6連敗
・降格圏のサンダーランドがフルアムに4-0で勝利し17位と降格圏を脱出
・首位リバプール、2位チェルシー、3位シティ、4位アーセナルで折り返す。

【5月】
・サンダーランドがアウェイでマンUに勝利し3連勝、逆にユナイテッドは46年ぶりにホームでサンダーランドに敗戦
・マンチェスターシティがアウェイでエバートンに3-2で勝利し得失点差で暫定首位に
・チェルシーがホームでノリッチに0-0の引き分け、自力優勝が消滅
・リバプールがアウェイでクリスタル・パレスに3-0の3点リードから3点差を追いつかれ引き分けに終わる、優勝が困難になりFWスアレスは試合終了後にピッチ上で号泣
・クリスタル・パレス戦でゴールを記録したリバプールFWスアレスがプレミアリーグ記録の31得点に並ぶ
・ストークシティに敗れたフルアム、ニューカッスルに敗れたカーディフの降格が決定
・マンUのギグス暫定監督が「交代、オレ」で途中出場
・マンチェスターシティがアストンビラに勝利し単独首位で優勝に王手、チェルシーの優勝が消滅し、リーグ優勝はシティかリバプールに
・サンダーランドがウェストブロムに勝利し4連勝で一気に14位に浮上し残留確定、グスタボ・ポジェ監督が“奇跡の大脱出”に成功
・マンチェスターシティがホームでウェストハムに勝利し2年ぶりのプレミアリーグ優勝

2013-14シーズン最終順位

順位
チーム
試合数
勝ち点
優勝!マンチェスターシティ3886
2リバプール3884
3チェルシー3882
4アーセナル3879
5エバートン3872
6トッテナム3869
7マンチェスター・ユナイテッド3864
8サウサンプトン3856
9ストークシティ3850
10ニューカッスル3849
11クリスタル・パレス3845
12スウォンジー3842
13ウェストハム3840
14サンダーランド3838
15アストンビラ3838
16ハル・シティ3837
17ウェストブロム3836
18ノリッチ・シティ3833
19フルアム3832
20カーディフ3830