プレミアリーグニュース&コラム

イングランドサッカー、プレミアリーグの試合や話題について独自コラムやニュースを配信

プレミアリーグ2014-15【第15節】試合結果

プレミアリーグ第15節が終了しています。

本節で最も大きかったのはチェルシーの無敗が途絶えたことでしょう。
モウリーニョ監督が苦手とするセント・ジェームズ・パークでのニューカッスル戦でまたもや敗北、無敗優勝の可能性まで取り沙汰されていましたが、リーグ戦15試合目にして初黒星、これでチェルシーの無敗での優勝の可能性は無くなりました。

一方、首位チェルシーを追う2位マンチェスターシティはホームでエバートンに1-0と勝利し、チェルシーとの勝ち点差3にまで迫っています。

イマイチ調子が上がらないのが昨シーズン2位で着地したリバプール、ホームでサンダーランドを迎えましたが結果は無得点での引き分け。リーグ戦3連勝はならず、トップ4との勝ち点差6の9位とエンジンがかかりません。

昇格組同士の対戦となったQPR対バーンリーは、QPRが制して勝ち点3を積み上げて降格圏を脱出、17位へと浮上しています。

トップ4へ浮上したいアーセナルはアウェイでストークに敗れて勝ち点を落とし、4位との勝ち点4差の6位と低迷、未だリーグ戦6勝と勝ち星が少なく、続出する負傷者に悩まされる展開が続いています。

さらにトッテナムもホームでクリスタル・パレスとスコアレス・ドローに終わり、取るべき勝ち点を積み上げられず、未だ10位となかなか上位に食い込めません。

一方、好調を維持しているのがウェストハムです。
スウォンジーとの上位対決をホームで制して、これで8勝目を挙げてトップ4入り。新戦力がチームに見事に融合して今シーズンは新たなウェストハムの実力が見られています。

第13節まで9試合連続勝利なしと苦戦していたアストンビラは下位レスターからきっちりと勝ち点3を獲得して2連勝、11位へとひとつ順位を上げています。

注目の一戦となったサウサンプトン対マンチェスター・ユナイテッドはユナイテッドが制してこれで3位浮上、ファン・ハール体制が徐々にチームに浸透してこれでリーグ戦5連勝と好調が続いています。

一方、敗れたサウサンプトンはこれでリーグ戦3連敗、これまでトップ4を維持してきましたが、やはりビッグクラブとの対戦で脆さが露呈してしまいました。これで5位と遂にトップ4陥落となりました。

プレミアリーグ第15節の試合結果は以下の通りです。

スポンサーリンク

ニューカッスル(H)  2-1 チェルシー

ハル・シティ(H)   0-0 ウェストブロム

リバプール(H)    0-0 サンダーランド

QPR(H)      2-0 バーンリー

ストーク(H)     3-2 アーセナル

トッテナム(H)    0-0 クリスタル・パレス

マンチェスターC(H) 1-0 エバートン

ウェストハム(H)   3-1 スウォンジー

アストンビラ(H)   2-1 レスター

サウサンプトン(H)  1-2 マンチェスターU

コメントを残す