プレミアリーグニュース&コラム

イングランドサッカー、プレミアリーグの試合や話題について独自コラムやニュースを配信

プレミアリーグ2014-15【第18節】試合結果

ボクシング・デーに実施されたプレミアリーグ第18 節が終了しています。

チェルシー、マンチェスターシティ、マンチェスター・ユナイテッドの上位3チームは順当に勝利、勝ち点3を積み上げています。

一方、4位ウェストハムはチェルシーに敗れて5位へと後退、逆に5位サウサンプトンは2連勝でウェストハムを逆転して4位浮上と再び勢いを取り戻しつつあります。

6位アーセナル、7位トッテナムはそれぞれQPRとレスターを下して勝ち点3を着実に積み上げ、10位と苦戦しているリバプールもバーンリーに勝利して9位へとひとつ順位を上昇させました。

一方、調子が上がらないのがエバートン。
前節のサウサンプトン戦に続いて今節もストークに敗れて2連敗、順位は何と12位まで下落して一向にチーム状況は苦しいようです。

今節の結果を見ると、トップ10がボトム10に勝利して上位チームと下位チームの格差が広がっている状況が鮮明です。

中一日という超過密スケジュールで実施される前半戦第19節にドラマを期待しましょう。

プレミアリーグ第18 節の試合結果は以下の通りです。

スポンサーリンク

チェルシー (H)    2-0 ウェストハム

バーンリー(H)    0-1 リバプール

C・パレス(H)    1-3 サウサンプトン

エバートン(H)    0-1 ストーク

レスター・シティ(H) 1-2 トッテナム

マンチェスターU(H) 3-1 ニューカッスル

サンダーランド(H)  1-3 ハル・シティ

スウォンジー(H)   1-0 アストンビラ

ウェストブロム(H)  1-3 マンチェスターシティ

アーセナル(H)    2-1 QPR

(H)はホームの意味

コメントを残す