プレミアリーグニュース&コラム

イングランドサッカー、プレミアリーグの試合や話題について独自コラムやニュースを配信

リバプール、マルコビッチのプレミア初ゴールで低調サンダーランドを下す! リーグ戦5試合負けなしでトップ4へ向け復調

プレミアリーグ第21節、8位リバプールはアウェイで14位サンダーランドと対戦しました。

マルコビッチのゴールでリバプールが先制!

8分、リバプールは右サイドでボールを受けたマルコビッチがドリブルで敵陣に駆け上がり中央のジェラードにパスを出します。ボールが流れてボリーニがカバーしてワンツーのような形になると、マルコビッチがゴール前に持ち込んで、流し込みゴール。リバプールが先制に成功します。

さらに29分、リバプールはまたもマルコビッチはディフェンスに弾かれたボールをジャンピング・ボレー、ボールはクロスバーに当たって惜しくも弾かれゴールならず。

サンダーランドはホーム・ゲームにも関わらず、リバプール陣内のゴール前までボールを持ち込むことも少なく、決定機が全く作れません。

44分、リバプールは自陣からエムレ・ジャンが最前線へロングパスを出すと、これにボリーニが抜け出してキーパー・パンティリモンをかわしてシュート。しかし、ボールはゴール右に外れてゴールなりません。

前半はリバプールがペースを握って1-0とリードして折り返します。

スポンサーリンク

リバプールは後半からジェラードを下げてロブレンを投入、エムレ・ジャンをジェラードが居たトップ下の位置に上げて、エムレ・ジャンの居た右サイドバックをロブレンが務めます。

サンダーランド、ブリッドカットが退場で10人に!

49分、リバプールは右サイドをエムレ・ジャンが抜け出して駆け上がると、これにブリッドカットが対応するも、肘を出して倒すとイエローの判定。ブリッドカットはこれが2枚目のイエローで退場、サンダーランドは10人となって厳しい立場に追い込まれます。

サンダーランド、アダム・ジョンソンのシュートは惜しくもクロスバーに弾かれる!

52分、サンダーランドは左サイドからファン・アーンホルトからボールを受けたアダム・ジョンソンがフリーとなると、左足でミドルシュート。ボールはクロスバーに当たってゴール・ラインの外に落ち、惜しくもゴールならず。

67分、リバプールはボリーニを下げてバロテッリを投入します。

77分、1点を追い付きたいサンダーランドはジェッケリーニに代えてバックリー、ウィッカムに代えてグラハムを投入し、フレッシュな攻撃陣に置き換えます。

しかし、結局、試合はこのまま終了。
リバプールがアウェイで1-0と逃げ切って勝利、勝ち点3を積み上げてトップ4圏内に向けて5試合負けなしと好調を維持しています。

一方のサンダーランドはリーグ戦4試合で1分3敗と勝ち点を積み上げられずに降格圏も視野に入ってきました。内容も良くないだけにグスタボ・ポジェ監督の手腕にも厳しい見方が出てくるかもしれません。

<リバプール>
FW:ボリーニ(67分:バロテッリ)
MF:コウチーニョ
MF:ジェラード(46分:ロブレン)
MF:マルコビッチ
MF:モレノ
MF:ヘンダーソン
MF:ルーカス
DF:エムレ・ジャン
DF:シュクルテル
DF:サコー
GK:ミノレ

<サンダーランド>
FW:ウィッカム(77分:グラハム)
MF:ジェッケリーニ(77分:バックリー)
MF:アダム・ジョンソン(86分:マンドロン)
MF:ゴメス
MF:ラーション
MF:ブリッドカット
DF:ファン・アーンホルト
DF:ブラウン
DF:オシェイ
DF:ベルジーニ
GK:パンティリモン

コメントを残す