プレミアリーグニュース&コラム

イングランドサッカー、プレミアリーグの試合や話題について独自コラムやニュースを配信

トッテナム、ロリスの好セーブでユナイテッドとスコアレス・ドロー! トップ4圏内まで勝ち点差2で前半戦を折り返し

プレミアリーグ前半戦最後の試合となる第19節、トッテナムはホームに3位マンチェスター・ユナイテッドを迎えました。

試合はユナイテッドがやや優勢に攻撃を仕掛ける展開となります。

22分、ユナイテッドはファン・ペルシーが倒されて得たフリーキックのチャンスをマタが蹴り込むと、ボールはディフェンスに当たってゴールポストを直撃、トッテナムは何とか弾き出してピンチを逃れます。

ファン・ペルシーが絶好のシュート・チャンスもロリスが好セーブ!

さらに39分、ユナイテッドはキャリックのロングボールがエリア内のファン・ペルシーに通って、キーパー・ロリスと1対1となると、ファン・ペルシーのシュートと同じタイミングでロリスがボールを蹴り、ボールは頭上に上がってロリスがキャッチ。トッテナムが何とか踏ん張ります。

その後もユナイテッドが優勢に攻撃を仕掛けてトッテナム陣内に攻め込みます。

43分、ユナイテッドは左サイドのアシュリー・ヤングが右足でクロスを入れると、これに走り込んだルーニーがヘッドで合わせるも、ここもロリスがキャッチします。

アシュリー・ヤングのシュートもロリスが何とか触って弾き出す!

さらに45分、ユナイテッドは右サイドからアシュリー・ヤングがゴール右上を狙ってシュートを放つと、ロリスがジャンプしてギリギリで触ってボールを弾き出します。

結局、前半は両チーム得点なく0-0で折り返します。

スポンサーリンク

後半に入り徐々にホームのトッテナムがリズムを掴み始めます。

72分、トッテナムは左サイドのベルトンゲンのクロスにファツィオがシュート、しかしこれはユナイテッドのキーパー・デヘアがキャッチします。

さらに82分にはハリー・ケインがドリブルで持ち込んでエリア内にスルーパスを通すと、これをメイソンがシュートするも、クロスバーの上を通過してゴールなりません。

トッテナムは主導権を握るも最後まで得点出来ず、結局、試合はこのまま終了。
3位マンチェスター・ユナイテッドと7位トッテナムとの注目の対戦は0-0の引き分けに終わりました。

<トッテナム>
FW:ハリー・ケイン
MF:シャドリ(79分:デンベレ)
MF:タウンゼン(79分:ラメラ)
MF:エリクセン
MF:メイソン
MF:スタンブリ
DF:ベン・デイビス
DF:ベルトンゲン
DF:ファツィオ
DF:キリケシュ
GK:ロリス

<マンチェスター・ユナイテッド>
FW:ファルカオ
FW:ファン・ペルシー
MF:ルーニー
MF:キャリック
MF:アシュリー・ヤング
MF:バレンシア(46分:ラファエウ)
DF:エバンス(72分:スモーリング)
DF:マクネアー(76分:ルーク・ショー)
DF:フィル・ジョーンズ
GK:デヘア

コメントを残す